会員限定

第208回TMC技術研修会(第19回オンライン版)

更新日:

 

第208回TMC技術研修会(第19回オンライン版)

令和4年4月1日

主催 : NPO法人テクノメイトコープ(TMC)

令和4年4月の技術研修会を下記の通り開催致します。

今回も2件の講演をオンラインで開催致します。
参加ご希望の方は申し込みボタンをクリックして、 2022年4月24日(日)迄にお申込み下さい。

◆主      催:特定非営利活動法人 テクノメイトコープ(TMC)
◆開催日時:令和4年4月27日(水)

13時30分~15時40分 ZOOMによるWebセミナー (Webサイトオープン:13時15分頃予定)

申し込みは 申し込みボタン から

◆あいさつ:13:30~13:35 大嶋理事長

講演:13 : 35~14 : 35

 演題   科学技術者フォーラム(STF)の紹介

 講師   後藤幸子氏

      科学技術者フォーラム理事長           

 概要   科学技術者フォーラム(STF)は、様々な科学・技術分野の現役のベテランやOB中心に新  進の科学・技術者を加えた集まりで、既存の組織を離れ、自由闊達に意見を述べ、新しい知恵を出し、それらを孵化することを進めています。STFは、会員の多種・多彩な知識や経験を有効に生かし、科学・技術水準の維持・向上、国際的な協力、地球環境の維持・改善活動などに取り組み、公益増進に寄与することを目的とする団体です。定期的な行事としては交流会及び外部講師を招いてのセミナー、見学会があります。

講演:14 : 40~15 : 40

 演題   活性化水による放射能低減と各産業への応用とその実績

 講師   杉原淳氏    

            湘南工科大学、神奈川大学(工学研究所)を経て現在

           一般社団法人グリーンアースアゲイン 理事、湘南工科大学 人間環境学科客員教授    

   概要   普通の水道水に高圧を印加し、水分子の水素結合を切ることによって、素粒子状のピコオー ダーサイズの粒子であるインフォトン(2008年商標登録)が生成すると仮定した。この水は、長期間にわたって、その特性を保持し続ける。その量子力学的な理論の構築を行った。その名称はサイン水(SIGN水=Spin Information Gauge Network)と命名した。 この水を利用して、最初に行ったのが、車の排ガス低減、次に生鮮食品の鮮度保持、植物の成長、そして東北大震災後の福島県での放射能低減である。このような実績について、その理論の構築を行い、エビデンスの説明をすることもできた。

※お問い合わせ:E-mail: tmc-osk@crux.ocn.ne.jp   TEL  06-4963-9876(TMC事務局)

-会員限定

Copyright© テクノメイトコープ(TMC) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.